信仰告白
「われわれは聖書を信仰と生活の権威ある規範として受け入れ『使徒信条』を告白する。」 

1) 唯一なる神を信じる。神は永遠にいまし、全能、全知、遍在である。

2) 父なる神を信じる。

3) イエス・キリストを信じる。イエス・キリストは神の独り子にいまし、世の救い主・主として立てられた。われらはその十字架の贖いの死と死からの甦えり、父なる神のみもとへの凱せんを信じる。

4) 聖霊を信じる。聖霊は恵みによって父なる神と御子より遣わされ、人々をキリストにある真理に導き、信者を慰め力づけてクリスチャン生活を送り福音宣教をなす力を与えられる。

5) 人間は神のかたちに造られながら、高慢と反逆の罪によって堕落し、神との交わりが絶たれている。したがって贖いと和解とを必要としている。

6) われらは悔い改める罪人をあわれみをもって赦す神の恵みにより、イエス・キリストを信じる信仰によって救われることを信じる。その信仰は、キリストと聖書に謙虚に従う生活を生み出す。

7) 聖書は聖霊の感動によって与えられたもので、信仰と生活に関する全く信頼しうる案内書であり、また唯一の権威ある啓示である。

8) キリストの体なる教会を信じる。教会は罪を悔い改めてキリストと聖書に従順に従って生きる契約をみずから立てた者たちの交わりであり、たゆむことなく励し慰めあい、信仰のないこの世に向かってキリストによる救いを宣べ伝える。

9) クリスチャン生活は神と人とに対する誠実な愛、キリストへの従順、聖い生活、熱心な祈り、みことばの学び、信者の交わり、積極的な伝道によって表現されることを信じる。